ニート 就職

コミュ障でも必ず正社員になることができる就活方法【これで就職できる!】

コミュ障でも必ず正社員になることができる就活方法【これで就職できる!】

 

今回は、
「コミュ障だけどちゃんと正社員として就職できるだろか…」
とお悩みのコミュ障の方にちゃんと正社員になる方法について
ご紹介していきます。

 

というのも、僕はもともと超絶コミュ障でして、

  • 人との会話は続かないし
  • グループディスカッションがあろうもんなら一言も発することができなかったし
  • 面接でもあがってしまって話はできないし

なかなかのコミュ障具合だったんですが、

 

コミュ障のままでも就職できる職種に狙いをつけることで
なんとか就職することができました。

 

極度のコミュ障だった僕がどうやって就職することができたか
ご紹介していきますので
コミュ障で「就活どうしよう…」と悩んでいる方は参考にしてみてください!

 

そもそもコミュ障は正社員になれるのか?

そもそもコミュ障は正社員になれるの?

 

もちろん!正社員就職自体は可能です。

 

程度によりますが、僕レベルの

人前であがってしまって思考停止。
何も話すことができなくなってしまう

ぐらいであればやりようによってちゃんと就職できます。

 

でも、

採用面接で重視されるポイントの1位は15年連続コミュニケーション能力
(引用:新卒採用に関するアンケート調査結果)なので

正直ハンデがあるのは事実ですね。
なかなか決まりづらいと思います。

 

 

なので、取るべき手段としては

  • コミュ障を克服するか
  • コミュ障のままでも就活ができるようにスキルを習得するか

2択になってきます。

 

 

コミュ障が正社員就職するために1
コミュ障を克服する

コミュ障を克服するには原因を自覚する必要がありますが
コミュ障の原因は拒絶されるのが怖いからに他ならないと思うんですよね。

 

自分のアプローチが相手に拒絶されてたくないから
自分の思っていることや考えていることを表に出すことができない
自分を守るための思考停止

そういうメカニズムだと思います。

 

 

小さい頃からの親御さんとの関係や育った環境で拒絶されるのが
怖くなっていってしまったと思うんですが、
ここを乗り越えて、精神状態として
「拒絶されても別にいいやって死ぬわけでもないんだし♪」って
思えるようになることが大事です。

 

 

で結局そうなるには場数を踏むしかないんですよね苦笑

 

最初は気の許せる友達や家族の間で自分のことを表現するように心がける
次に大学でもバイトでもどこでもいいからとにかく自分発信でアプローチしていく
あるいはナンパでもいいと思うし、
マッチングアプリで文面で慣れるのもいいと思います。

 

徐々に徐々に自分発信の機会を増して、
その中で意見のぶつかりや拒否される経験をしていくことで
次第に「別に人と食い違ってもいいや♪自分の気持ちを自分なりに表現しよう!」
と思えるようになっていきます。

 

僕は一年ぐらいかかりましたがちゃんと克服できました。
コミュ障克服を考えている方は
まずは身近なところからコツコツ自己開示をして
表現する人の幅を広げていくようにするといいですよ。

ちなみに、拒絶されるのを怖がるメンタルっていうのは
後天的に備わるものみたいです。

なので、裏を返すと
トレーニングによって治すことができる
ということでもありますので
少しずつコツコツとコミュ障を克服していきましょう。

 

コミュ障が正社員就職するために2
コミュ障のまま正社員就職できる職種を狙う

ただ、就活となると
コミュ障を克服している時間なんてない
という方もいらっしゃると思います。
まさに僕がそうでしたので。

 

なので、そんな方はコミュ障のままで就職できる職種を狙って
就活に臨みましょう!

そんな職種あるの?

コミュニケーションを必要としない仕事はなかなかないんですが
黙々と作業する時間が長い仕事ならありまして

それが、プログラマーです。

 

プログラマーの主な仕事はコードを書くことで
コミュニケーションの重要度は低く
コミュ障が黙々と仕事に打ち込める仕事環境なんです。

 

また、面接に関しても
一般的な営業職や販売の就職面接と違って
落ち着いているとというか、
理路整然と志望動機や自己紹介を求められ感じだったので
コミュ障っぷりを発揮しないで面接を受けることができますので
コミュ障にとっては嬉しい雰囲気です。

 

しかも、今の時代はプログラマーの需要が年々増加してきていて
プログラマーがかなり不足している状況です。

なので、プログラマーの待遇も良くなってきていて、
年収も結構期待できるのでコミュ障にとってはまさに天職だと思います。

 

コミュ障からプログラマーになる方法

コミュ障にとっての天職のプログラマーですが
完全未経験だと就職が難しいのでスキルの習得から始めましょう。

 

今はGEEK JOBのような無料のプログラミングスクールがありまして
スキル習得を無料で行なってくれていますので
そういったサービスを利用して、
まずは基礎スキルを身につけるようにしましょう。

 

さらに、例えばGEEK JOBでは
就職のサポートも無料でしてくれているので
スキル習得後はすぐに就活に入ることができます。

 

コミュ障の転職であるプログラミングスキルを学ぶことができて
かつ、就活のサポオートまでしてくれる
コミュ障がプログラマーになるための鉄板就活ルートです。

 

ちなみに、僕も利用したことがあるんですが、
GEEK JOBの求人はブラック企業を徹底排除してくれているので
就活も安心して取り組むことができます!

 

就活に失敗したくないコミュ障の方で
コミュ障を克服している時間がないという方は
ぜひ利用してみるといいですよ。

無料説明会はこちら↓
GEEK JOB

 

 

まとめ

コミュ障であっても就職は可能です。

 

ですが、
コミュニケーション能力は就活で一番重要視されているポイントでもありますので
就職する上で不利になるのも確かです。

 

なので、取るべき選択は

  1. コミュ障を克服するか
  2. プログラミマーを目指すか

の2択になってきます。

 

コミュ障を克服するには
コツコツと自己開示をする機会を増やして
精神的にオープンになっていく必要があります。

 

ただ、時間がかかるので、
もし時間がなくまず就活を始めなければならないという方は
プログラマーを目指して、無料のプログラミングスクールを利用するといいですよ!
一般的な就活をするより断然、失敗しづらくなります。