エンジニア 就職

【評判No.1】DIVE INTO CODEを徹底レポート!

【評判No.1】DIVE INTO CODEを徹底レポート!

 

 

数あるプログラミングスクールの中でDIVE INTO CODEの強みはなんだろう?
評判はどうなんだろう?
DIVE INTO CODEの受講に向いているのはどういう人だろう?

という疑問にフリーのエンジニアである僕が
DIVE INTO CODEならではの特徴
DIVE INTO CODEの評判やどういう人が受講に向いているのか
ご紹介していきます。

 

DIVE INTO CODEの受講を考えている方
どこのプログラミングスクールがいいかリサーチしている方は
参考にしてみてください。

 

DIVE INTO CODEとは

DIVE INTO CODE

“すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる”
をテーマに
未経験から”稼げるエンジニアになる”ための
プログラミングスクールです。

就職や転職がゴールではなく
”稼げる”エンジニアですからね?

 

具体的にはRuby/Ruby on Railsを用いた
webアプリケーションの開発を
現場に飛び込んでも戦力になるレベルで身につけることができます。

 

公式サイトはこちら↓
DIVE INTO CODE

 

DIVE INTO CODEの特徴・強み

”稼げるエンジニア”を育てるために
他のプログラミングスクールにない
DIVE INTO CODEならではの特徴がありますので
ご紹介していきます。

 

 

DIVER

DIVE INTO CODE独自のweb教材です。

 

Ruby/Ruby on Railsを独学で習得しようとすると
最適な順序で学習ができないので、学習の効率がすごく悪いんです。

 HTML,CSSの知識がない状態で
Rubyのコードをいきなりインプットし始めてしまったりというのは
すごく非効率で…

素振りをせずいきなり野球の試合に出場するようなもんです。

「DIVER」で学習すれば素振りの仕方~試合での活躍の仕方まで
効率的に学ぶことができるということですね。

 

加えて、過去の受講生がどこがわからず、どこにつまずいたのかを解析して、
最短経路でスキルを定着させるために設計されたweb教材なので
インプットは「DIVER」だけで十分なレベルの高い教材です。

 

メンター

メンターの評判がすごく良いです。

他のプログラミングスクールでは、
大学生メンターがいたり、対応が悪いメンターがいたり
メンターに当たりハズレがあったりするんですが

DIVE INTO CODEそれがありません。

 

 

  • 質問に対する回答のわかりやすさ、正確さ
  • オンラインでも迅速に回答してくれる
  • 単純にフレンドリーで壁がない

メンターの評判はかなり高いです。

 

メンターの1人でDIVE INTO CODEの代表の野呂さんが
独学でプログラミングを学習した経験をお持ちの方なので
未経験者の気持ちが誰よりもわかるからこそ
メンターの質にこだわっているということですね。

 

 

チームワークを学べる

チームで1つのシステムや、サービスを作ることが多いので
チームワークはエンジニアにとってはすごく大事な要素なんですが
ここに力を入れているプログラミングスクールはあまりないんですよね…

 

ただ、DIVE INTO CODEではエンジニアに必要な開発スキルだけでなく
ディスカッション形式の講義や勉強会、チーム開発をすることで
チームワークも学ぶことができます。

他のスクールや独学では得ることができない経験をできますよ。

 

就職・転職に強い

“稼げるエンジニア”になることがテーマになっていますので
就職・転職のサポートも充実しています。

DIVE INTO CODEが提携している企業へのインターンができる
「DIVE INTO WORK」というサービスがあり、
技術が認められれば、そのまま就職できるチャンスがあります。

 

またエンジニアのキャリア支援をしている
レバテックの運営であるレバレジーズ社と提携しているので、
レバレジーズ社の質の高い求人案件の紹介を受けることができます。

 

 

DIVE INTO CODEのデメリット

デメリットとしては
他のプログラミングスクールと比べて少し費用は高めです。

費用面でいえば、
コスパ最強のTECH::CAMP
無料でスキル習得から就職、転職までサポートしているgeek jobなど
お得なプログラミングスクールがある中

半年で30万は少し高く感じるかもしれません。

 

ただ、その分サービスの質はとても高く
”稼げるエンジニア”として着実に力がつきますし、
評判は業界でNo.1ですので
本気で現場で通用するスキルを身につけたい方は
DIVE INTO CODEを検討してみてください。

 

 

DIVE INTO CODEのオススメできる内容

DIVE INTO CODE入学!こんなに受講生を大切にしてるプログラミングスクールなんて他にあるのか?

 

・受講料の入金が済んだら入学前でも
教材使用可能
自習室使用可能
質問可能

↓これがやばい
・卒業後も
教材使用可能
自習室使用可能
質問可能
しかも教材わかりやすい

それだけ、
受講者のことを1番に考えているプログラミングスクール
ということです。

 

公式に卒業生のインタビューも載っているので
そちらもチェックしてみてください。
サイトはこちら↓

 

DIVE INTO CODEの基本情報・料金

DIVE INTO CODEの基本情報は以下の通り

DIVE INTO CODE基本情報
受講方法 通学型(学習はオンラインで進められる)
学習時間 500時間
学習期間 6ヶ月
学べる内容
  • HTML
  • CSS
  • javaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • Git
  • Heroku
  • SQL
料金 298,000円

公式サイトはこちら↓
DIVE INTO CODE

 

 

結論 DIVE INTO CODEに向いている人

  • じっくりスキルを育てて、戦力になる状態で現場に出たい
  • プログラミングスクール選びで失敗したくない方

他の就職型プログラミングスクールでは、最低限限度のスキルを習得して
現場デビューし現場で揉まれながら一人前になっていくイメージですが

 

DIVE INTO CODEでは、在校中に1人前になって、
すでに戦力になるレベルになって卒業するので、
他のスクールと比べて一歩上の就職や転職を目指せると思いますよ。

 

その分料金や学習期間は少し高いですが、サービスの質はスクールで1番です。
プログラミングスクール選びで失敗したく方
DIVE INTO CODEは間違いないと思いますので、検討してみてください。

 

公式サイトはこちら↓
DIVE INTO CODE