MENU
プログラミングで勝ち組に!無料のおすすめプログラミングスクール5選!!(就職サポートあり!!) 記事をチェック >

ドローンを仕事に!?求人はあるの!?稼げるようになるまでを調べてみた!

2019 1/31
ドローンを仕事に!?求人はあるの!?稼げるようになるまでを調べてみた!

ドローンを仕事に!?求人はあるの!?稼げるようになるまでを調べてみた!

 

 

何かと話題に上がるドローンですが、これだけ騒がれていたら趣味で
操縦をしていたり空撮をされている方も多いのではないでしょうか?

 

また、youtuberを始め、
「好きなことで生きていく」人が増えてきている昨今ですので
ドローンが仕事になって
ドローンのビジネスだけで生活できるようになればいいなあ

と思う方もやっぱりいらっしゃるんじゃないかと思うんですよね。

 

ただ、騒がれてはいるんですが、
ドローンに関する仕事、就職の情報に関しては
なかなか目にすることがありませんので、

・そもそもドローンに関する求人、就職先はあるのか?
・あるとしたら一口にドローンの仕事と言っても具体的にどんな内容なのか?
・ドローンの資格・免許の有無、どれぐらい稼げるのか?

というドローンビジネスに関するいろいろなことを調べてみましたので
ドローンを自分の仕事の1つの柱にしたいと考えている方は
参考にしていただければと思います。

目次

ドローンの仕事・求人は結構あります!

まず、求人関係ですが、
ドローン操縦士としての就職先は十分あります。

例えばDODAでは
ドローン(小型無人航空機)に携わることのできる求人特集
ということで166件の求人がありますし、
ドローン求人専門のサイト「スカイエージェント」
でも100件近い求人が出てます。

当然ですが、
多種多様な業務の効率化を図るために手段としてドローンを使うことになるので
ドローンの操縦技術が必要になります。

 

また、ドローン人材の需要と供給のバランスが取れておらず

・ドローン操縦士が14万人以上不足している

といったwebニュースもあるくらいなので
かなりの売り手市場です

 

なので、転職市場としても美味しいところだと思いますので
趣味の範囲を広げて、仕事にしてしまうみたいなことをできる業界ですね!

 

ドローンの仕事は具体的にどんなものがあるか

では具体的にはドローンを使ってどのような仕事をするのでしょう?
仕事の種類を幾つかピックアップしてみたので紹介していきます。

 

空撮

やっぱり空撮のイメージが強いですよね!
映画やTVを始め、ウェディングやコンサートの撮影に
ドローンが使われていますし
最近はどの企業もPR動画を持っていますが、
ドローン空撮で綺麗なPR動画を作る需要もあるようです。

エンタメ系はこれからどんどん伸びていきそうです!

 

計測・観測

公的なものを含む建築関係には
ドローンでの測量は必須になってきているようです。

また、交通量のチェックや環境のモニタリングなど、
いくらでも伸び代がありそうです。

 

輸送・物流

日本では行っておりませんが、
イギリスではAmazonがドローン配達を実施するなど
市場が拡大しそうな分野ではあります。

規制の面でまだ先になりそうですが、
ドローン操縦技術があれば十分稼げる分野です。

 

ドローン専門の求人・就職サイトまである!

上でちらっと紹介しましたが、
ドローンを使った仕事がこれだけあるので
ドローン専門の求人サイトまであります。

スカイエージェント
詳細はこちら:【スカイエージェント】ドローン専門の求人サイトを調べてみました!!

このサイトではドローンを使った仕事の紹介、
ドローン関係の求人の
マッチングをしてくれています。

”ドローン専門”の仕事、転職サイトって事なんできっと
「好きなことで生きていく」を叶えられる仕事を見つけられるんじゃないかなと思います。

 

ドローンの免許・資格はどう?優遇はあるの?

就職を有利にしたり、
収入を手っ取り早く上げたりするのに
ドローンの免許・資格の取得は有効ですので
資格についても調べてみました。

まず、単純にドローンを飛ばすという事に関しては免許は入りませんので
誰でも飛ばす事は出来ます。

 

ただ、場所の規制はあります。

1,空港周辺の上空
2,人口集中地(DIDで調べればわかる)
3,150m以上の高さ

2の規制は少し厳しめで
仮に東京都内で飛ばそうと思ったら許可が必要になります。

 

さて、飛ばす事に関しては場所の規制がある事を
除けば誰でも飛ばすことができるドローンですが、
民間資格が存在していますのいくつかピックアップしてみます。

 

JUIDA

業界としては一番知名度が高いようですね。費用は少し高めです。
資格は操縦技能証明証と安全運航管理者証明証の2パターンあって
詳しくはこちらをご覧ください。

ドローン操縦士養成スクール

 

DPA

東京、大阪など大都市で
ドローン訓練ができるスクールを持っているのは嬉しいですね。
ドローン資格の国家資格化を考えているようで実現すれば
強みになりそうです。費用は比較的安めです。

DPA認定校

 

もちろん資格がなくてもできる仕事ではありますが

ビジネスの場でドローンを使うのであれば資格があれば就職先の方、
クライアント様に与える印象が
とてもポジティブなものになると思います。

 

資格をとって足元を相手の印象を良くするのも吉
実績ベースで売り込んでいくのも吉

これはあなたのスタイルによると思いますが、
比較的短期間で取れるものですので
参考にしてみてはどうでしょうか?

まとめ ドローンの仕事はもりもり、十分稼げます

ドローンの仕事結構豊富にありますね。

ドローン関係の仕事があるどころか、
ドローン専門の転職サイト
もあるし、需要はとても高いです。

 

資格を取ることでより、就職を有利にしたり
収入をUPできたりするので、
取得も考えてみてはいかがでしょうか?

弱者の戦略 PICK UP CONTENTS

目次
閉じる