転職

営業からプログラマーに転職すると人生変わりますよ

営業からプログラマーに転職すると人生変わりますよ

 

 

営業を辞めたいならやめて転職しよう
でも書いていますが、
営業が嫌で辞めたい、転職したいということであれば、
プログラマーになることをおすすめします。
今までが嘘だったかのように幸せに仕事ができるようになります。

 

理由は簡単でプログラマーは
営業職とは正反対のところにある仕事だからです。

営業職苦しんだり、馴染めなかった方にとっては
しっくりくる仕事だと思いますよ。
参考:営業職に向いていない方の特徴

 

なので、今回は営業職かプログラマーになるメリットや
未経験からの転職の仕方についてご紹介していきます。

 

営業からプログラマーに転職するメリット

まずは、営業職にないプログラマーのメリットについて
紹介していきます。

正直に仕事をすることができる

ほとんどの営業ってすごく簡単に言うと
人を騙してモノを売る仕事です。

騙すというと語弊があるかもしれませんが、
あたかも必要があるような説明をして
ニーズを作り上げて
買ってもらう

という仕事ですよね?

まあ資本主義ってそういうことなんですけど、
やっぱり気持ちがスッキリはしない仕事で
合わない人は本当に毎日しんどいと思います。

 

対してプログラマーの仕事はざっくりいうと
お客さんが欲しいシステム、webサービスを作ることが仕事になるので
「人を騙す」必要がありません。

要は正直に仕事ができるんです。

 

営業を経験したことがない方からすれば、そんなの当たり前じゃん
と思うかもわかりませんが、
営業出身の方からすればこんな気持ちいいことないですよね?

 

営業に苦しんだり、馴染めなかった方はモノを売る側ではなく、
モノを作る側に回ることで正直に仕事をすることができますよ。

 

数字に追われるということが無い

日々数字に追われていると
休日も身も心も休まらないし
上司からのプレッシャーや叱責を受けるし
常にストレスを感じて仕事してますよね?

多少のプレッシャーは必要だと思いますが
常に数字に追われている感覚はすごく疲れてしまします。

 

でも、プログラマーになれば数字のストレスからは完全開放されます。
営業マンから数字を気にする必要がない仕事に転職すると
本当にスッキリしますよ。

数字とは別に、納期に対するストレスはありますが、
数字を追っていくストレスと比べれば全然マシです。

営業からプログラマーに転職する方の満足度が高いのは
ここからきているんじゃなかなと思います。

 

営業とくらべて労働時間が短い

営業は数字の部分で評価されるので
数字がでなければ、サビ残なんて当たり前だし
労働時間も長くなりがちだと思います。

 

プログラマーも納期ありきではありますので
納期間近であればもちろん残業はありますが、
サビ残ではないですし
納期前後以外は労働時間は定時で帰れたりしますので
全体の労働時間は間違いなく営業より短くなります。

 

自分の時間を多く作れるようになるのは
営業マンからしたらすごく嬉しいことじゃないでしょうか?

 

その他プログラマーのメリット

他のメリットについては
別のページに書いていますのでチェックしてみてください。

 

営業からプログラマーに転職は可能なの?

プログラマーが魅力的なのはわかったけど、
未経験からプログラマーに転職できるの?

 

結論から言うと全く問題なく転職できます。
なぜなら、プログラマーの転職市場って超売り手市場なんですよね。
以下業種別の求人倍率です。(H30年3月)


(プログラマーの有効求人倍率が2.6倍なので、
一人につき2.6社の求人があると言う意味です。)

・アプリゲームの盛り上がり
・ITシステムの一般化
またこれからAIや自動化も広がりを見せていくはずなので
プログラマーの需要は今度もどんどん伸びてきます。

企業からすれば、プログラマーは貴重ですので
未経験からであっても転職することはそれほど難しくありません。

 

営業の調整力やコミュ力は役に立つ

また、プログラマーもコードを書くことだけが仕事ではなくて
クライアントにどんなシステムが必要なのかヒアリングしたり
プロジェクトメンバーとコミュニケーションを取って連携して
仕事を進めていきます。

そこで、営業で培った調整力やコミュ力はプログラマーになったとしても
役に立ちますので、営業での経験も無駄にはなりませんよ。

 

営業からプログラマーへの転職の仕方

実際の転職の仕方ですが、
一番効率がいい方法はプログラミングスクールに通うことでしょう。

 

完全未経験の人と
基礎だけでもプログラミングスキルがある人
どっちが就職しやすいかっていったら
基礎だけでもプログラミングスキルがある人が就職し易いのは明らかですよね。

なので、まずプログラミングスクールに通って
基礎の部分だけでも学習すると転職がよりスムーズになります。

 

でもプログラミングスクールなんてすごい高そう…

確かに普通にプログラミングスクールに通うとしたら
10~30万円ぐらいはかかってしまいますが
今は無料のプログラミングスクールが幾つかありますので
利用してみるといいですよ。

また、こういうプログラミングスクールでは
就職のサポートもやっていて転職活動も並行してできるので
一石二鳥ですね。

 

おすすめのプログラミングスクールの紹介

おすすめの無料プログラミングスクールとしては
geek jobです。

・JavaやPHP、Rubyのような就職に有利な言語を現役のプログラマーから学ぶことができる

・オンラインでの受講も可能なので、在職中でも受講できる

・就職にコミットしているので、全カリキュラムを受講すればはしっかり就職できる

・完全無料

詳細はコチラ:GEEK JOB キャンプ(転職コース)の評判を徹底解説!!就職先情報も!!

 

まとめ

営業からプログラマーとして転職することは今は難しいことではありません。

人を騙し続けるのはもう無理…
数字に追われるストレスにはもう耐えられない…

という方は営業職で神経をすり減らす必要はありませんので
転職してしまいましょう。

 

転職する際はプログラミングスクールに通えば
スムーズにスキルを学習できたり
転職を進めることができますので
利用すると効率的です。

 

また、一度プログラミングスキルが身についてしまえば
フリーランスになることも可能です。
未経験からフリーランスのプログラマーになる流れに関しても
書いていますのでチェックしてみてください。