エンジニア 就職

geek job キャンプ インフラエンジニアコースのレポートをしていくよ!!

geek job キャンプ インフラエンジニアコースのレポートをしていくよ!!

 

geek job  キャンプのインフラエンジニアコースの
特徴やプログラマーコースとの違いについて
レポートしていきます。

人によってはインフラエンジニアコースを選んだ方が
いい人もいると思うので参考にしてください。

 

geek job キャンプ インフラエンジニアコースとは

簡単にいうとgeek job  キャンプのプログラマーコースの
ITエンジニアスキル版です。

 

無料でインフラエンジニアに必要なネットワークやサーバーの
の設計・構築・管理の基礎のスキルを身につけることができて
就職のサポートまでしてくれるます。

登録はコチラ↓
geek job インフラエンジニアコース

geek job キャンプ プログラマーコースとの違いは!?

web開発やアプリ開発のスキルではなく
ネットワークやサーバーの設計・構築・管理のスキル
を学んでいきます。

もっと詳しく

ネットワークエンジニア

コンピューターが正しくインターネットにつながっている環境や
コンピューター同士のデータの送受信ができる環境を
作る仕事。

 

サーバーエンジニア
データの送受信元となるサーバーの構築・管理をする仕事。

要するにwebサービスの基礎となるベースを作るお仕事です。

登録はコチラ↓
geek job インフラエンジニアコース

 

 

仕事内容以外のプログラマーとインフラエンジニアの違い

仕事内容は上で見てきたとおりの違いですが
収入面や労働時間においても違いがありますので
ご紹介していきます。

どちらのコースを受講するかの参考にしてください。

プログラマーとインフラエンジニアの収入面の違い

収入面に関しては未経験から就職した場合であれば
ほぼほぼ変わりません。

 

ただ、フリーランスをになることを考えれば
プログラマーの方が稼げます。

 

なぜなら、プログラマーの仕事はいわば0から1を作り出す仕事です。
仕事が個人のスキルによるところが大きいので
案件の報酬は高額なことが多くなります。

 

対してインフラエンジニアはすでにあるものをより効率よく
動かすスキルですので、
そこまで高額な案件はないみたいですね。

収入面はプログラマーの方が稼げる傾向

 

プログラマーとインフラエンジニアの労働時間の違い

労働時間は基本的にプログラマーの方が長くなりがちです。

新規案件の開発をこなし続ける形になりますので
仕事が常にある状態だからです。

 

対して、インフラエンジニアはネットワークを構築してしまえば
後は基本的に保守・管理がメインの業務になりますので
大きなトラブルが無い限りは無理のない労働時間になります。

 

その分、ネットワークやサーバーの部分で不具合が出れば
その上で動いているシステムが止まってしまうので
時間を問わず対応する必要が出て来るケースはあります。

なのでインフラエンジニアは
イレギュラーな仕事が入ってしまうところはあると思います。

労働時間はインフラエンジニアの方が短くなる傾向

geek job  キャンプ インフラエンジニアコースの概要

話を戻してgeek job キャンプ インフラエンジニアコースの
アクセスや参加条件、就職先情報に関しては
geek job キャンプ プログラマーコースと同様になりますので
コチラのページを御覧ください。

登録はコチラ↓
geek job インフラエンジニアコース

総合評価

インフラエンジニアのスキルに関しても
普通にスクールに通うとしたら
10~50万程度かかりますが
geek job キャンプ インフラエンジニアコースであれば
無料で基礎を学ぶことができます。

 

また、通常であればスクール卒業後に就活を1から初める必要がありますが
geek job  キャンプであれば、
無料で就職のサポートも同時にしてくれるので一石二鳥ですね。

 

未経験からインフラエンジニアとして就職を考えている方はもちろん
・なにかスキルを身につけて、就職や転職に活かしたい人
・将来フリーランスとして個人で稼いでいきたい人
・優良企業で働きたい人
は利用してみると良いですよ。

登録はコチラ↓
geek job インフラエンジニアコース

 

一点気をつけて欲しいポイントは
geek job キャンプの紹介する企業で就職しなければ
受講料が発生してしまう点。

 

geek job側で紹介する求人は
労働時間が適切かどうか
福利厚生がしっかりしているか(働きやすい環境かどうか)
社会保険を完備しているか

等審査されているので
ブラック企業や労働条件の悪い会社は排除されていますので
そこは安心して大丈夫です。

 

ただ、就職先を自分できめたい方や
就職をする気がない方は
利用はおすすめできませんので、注意しましょう。