MENU
プログラミングで勝ち組に!無料のおすすめプログラミングスクール5選!!(就職サポートあり!!) 記事をチェック >

就職できないニートが嫌でも就職できてしまう方法

就職できないニートが嫌でも就職できてしまう方法

 

・ニートでは就職できないと聞いて不安・心配になっている
・実際に動いてみたけど書類選考や面接でうまくいかなかった
→やっぱりニート歴が長いと就職なんて無理なのかなあ

と不安になっているニート方も多いと思います。

 

まあ、確かにニート歴が長いと就職が難しかったりするのは事実です。

僕も学生ニートですが、ニート歴があるのでわかるんですが、
普段ほとんど人と接しないから
コミュニケーション能力や考える力が死ぬほど低下しているので、
書類に何かけばいいかわからないし
運良く面接までいけても、だいたい自滅するんですよね笑
なかなか就活がうまくいかなかったなあ…(遠い目)

 

でもだからといって
ニート歴が長い=就職できない
は行き過ぎです。
ニート歴が長くても正社員として就職する方法がちゃんとあります。

 

それもブラック企業や労働条件が悪い企業に就職するのではなくて、
収入や労働環境が一定以上の職場で働く方法があるんです。

 

このブログのコンセプトは
「楽して就職する、仕事をする」ということで、
ニート歴が長い方でも、しっかり就職できる方法を紹介していきます。

目次

就職できないと言われたニートが就職する方法

結論から言いますと、
プログラミングスキルを身につけると
歴が長いニートの方もまともな条件で就職することができます。

参考コスパ最強の資格はこれだ!
で詳細を書いていますのでこちらもご覧ください。

なぜなら、プログラマーの求人状況って今凄いんですよ。

こんな感じの超売り手市場なんです。
単純に言えば人が足りていないので、
どの企業もプログラマーが欲しいんです。

なので、歴が長いニートであろうが
開発できるレベルのプログラミングスキルがあれば就職は難しくありません。
ニートが就職するカギはプログラミングスキルだったんです。

ニートがプログラミングを学ぶ方法

・プログラミング、、、、難しいそう、、
・プログラミングなんてやったこともないし独学でできるとも思えない、、
・どうやってプログラミングを勉強すればいいんだ

 

未経験者のプログラミングの学び方でも書いていますが、
今無料のプログラミングスクールがあるんです。

geek job:開発系のプログラミングスクール
エンジニアカレッジ:インフラエンジニアスクール
※どっちも無料です。

 

当然、全くの未経験から独学でプログラミングなんて
なにから手をつけていいかわからないと思いますし、
何より気力が湧いてこないと思います。

でも、上のサービスではプログラミング未経験者を対象に
Javaやphp等の就職に強いプログラミングを
現役のプログラマーから学ぶことができちゃいます。

自分で0から学ぶんじゃなくて
誰かに教えてもらえる環境ならいけそうじゃないですか?

事実こういった無料のプログラミングスクールでは
全くの素人の応募が8割以上で、しっかり一人で開発レベルにまでなっています。

ニートの就職活動の仕方

スキルは教えてもらえるならできそう!
でもコミュ障すぎて、実際の就活で詰みそう・・

確かにスキルを身につけるだけで、
就職できるわけではないので心配になりますよね。

書類選考を通過して、
その先の面接も突破して初めて内定なので
まだまだ就職まで遠いように思えるかもしれません。

でも、実は上で紹介したプログラミングスクールでは
スキルを学習できるだけでなく就活のサポートもしてくれます。

書き方の指導や添削をして選考に強い書類の作り方を教えてくれますし、
面接も力を入れてがっつり対策してくれます。

特にgeek jobは就職にコミットしてくれているので、
プログラミングはもちろんですが、就活サポートも手厚いです。

要は、
就職に強いスキルを身につけることができて
心配が多い就活の部分もサポートしてくれる
それを完全無料で受けることができるってことです。

プログラマー就職をするメリット

プログラマーって
実際にどんな環境で働くことになるのかイメージがしづらいと思いますが

プログラマーはやめとけは嘘!?未経験からでもプログラマー就職をおすすめする理由
のページでメリットについて書いていますのでチェックしてください。

 

簡単にまとめると
・年収がそこそこ高い
・労働環境も悪くない
・将来的にフリーランスになれる

とまあ、学歴・職歴が弱い方に取っては間違いなく最適な職業です。

対して、例えばニートからハロワを使って就職できたとしても、

・低年収
・激務
・使い捨てられる

可能性が高いです。
それを考えるとプログラミングを学ぶことで
かなりのアドバンテージになりますよ。

まとめ

就職できないと諦めていたニートが
「楽してまともな仕事に就職する」
ということであればプログラミング一択です。

ちなみに楽っていうのは努力をしなくていいということではなくて、
努力相応のリターンがあるという意味です。

・戦略なしで就活しても内定がもらえない(努力に対するリターンがない)
・就職できても激務薄給(努力に対してリターンが少ない)

プログラミングを学習することでここから脱却することができます。

一番のネックだったプログラミングの学習が今は無料でできてしまいますので
ニートから楽して就職したい方は是非利用してみましょう!

弱者の戦略 PICK UP CONTENTS

目次
閉じる