エンジニア 就職

初心者におすすめのプログラミング言語4選!!【就職に役に立つ】

 

初心者におすすめのプログラミング言語4選!!【就職に役に立つ】

 

初心者の方にとっては
・各プログラミング言語で何ができるのか
・どのプログラミング言語が学びやすいのか
・どのプログラミング言語が就職に有利なのか
よくわからないことって多いと思います。

 

紹介しているサイトってたくさんあるけど
多くのサイトでは、専門用語が並んでいたり分かりづらかったり
具体的に何ができるのかイメージがしづらいからです。

 

なので、
・具体的にどんなことができるのか
・学びやすさ
・就職が有利になるかどうか
をまとめて、
初心者におすすめのプログラミング言語を紹介していきます。

 

その上で、プログラミングのおすすめの学び方
学習するプログラミング言語の選び方についても
紹介していきます。

Java

まずJavaです。

AndroidアプリPCアプリ、webサービスwebサイト
電化製品にも使われているプログラミング言語です。

サービス例:Twitter・EVERNOTE・楽天・マイクラ

どんな環境でも動くことができるのが特徴のプログラミング言語なので
簡単にいってしまえば、「なんでもできる」というイメージです。

Javaの学習難易度

難易度は高いです。
エラー(動かない時に)が起きた際に原因を突き止めなければなりませんが
ここに知識が必要ですし、
学習にかかる時間も200時間ほどと言われているので
挫折してしまう要因にもなります。

なので、スクールに通って誰かに教えてもらえる環境で学ぶと良いです。
今はgeek jobのような無料のプログラミングスクールがありますので
利用すると良いですよ。

Javaは求人数について

求人数はかなり多いので、就活時には有利に働くでしょう。
かつ、フリーランスの案件も多いので
就職するにしてもフリーランスを目指すにしても
おすすめのプログラミング言語です。

 

javascript

次にjavascriptです。

例えば、目立たせたいボタンにカーソルを合わせるとボタンが浮き上がったり
アニメーションが動いたりすることがあると思いますが
javascriptはそういった
サイトの使い勝手や利便性を上げるために主に使われています。

javascriptの学習難易度

入り口はそこまで難しくありません。
ただ、当たり前ですが、深掘りするほどに難易度は上がっていきます。
奥が深い言語ですね。

これもできれば、スクールに通うといいと思いますよ。
無料のプログラミングスクールを紹介しているので
チェックしてください。

javascriptの求人数について

javascriptだけの求人はそこまで多くありませんが
併用されることが多いので、
別の言語も使えるようになっておけば就職には有利になります。

 

PHP

問い合わせフォームやショッピングカートのようなwebサイトの一部や
SNSECサイトを作る時に使われるプログラミング言語です。

サービス例:初期FacebookWordPress、ぐるなび

PHPの学習難易度

構文がとてもシンプルなので初心者・未経験者でも
とっつききやすいプログラミング言語ですので
難易度は優しいです。

PHPの求人数

難易度は優しいから就職には不向きかと思いきや
求人の数は結構多いです。

webサイト開発に使われる頻度が圧倒的に多いですし、
簡単な問い合わせフォームやショッピングカートの実装に使われるので
需要が大きいのが理由ですね。

なので、就職には有利に働きますし、
フリーランスの案件も多いですよ。

Ruby

Webアプリ、スマホアプリの開発によく使われている言語です。

サービス例:COOKPAD・SlideShare

Rubyの学習難易度

記述量が圧倒的に少ない=覚えることが少ない言語ので
難易度は優しい方です。

上での紹介したgeek jobでは無料のプログラミングスクールでは
唯一Rubyの学習ができるので
スクールに通うのであれば、利用してみてください。

Rubyの求人数

開発スピードが他の言語と比べると早いので需要も高まってきています。
それに伴って求人も増えてきているので
就職の際にも有利に働くでしょう。

フリーランス案件はJabaやPHPに比べると少ないです。

 

初心者のプログラミング言語の学び方

プログラミング言語の学び方に関しては
別のページでまとめていますのでチェックしてください。
参考:プログラミング未経験からの勉強の仕方をご紹介!!【独学!?スクール!?】

初心者がプログラミング言語を選ぶときのポイント

初心者が学ぶ言語を選ぶ時のポイントがいくつか
あります。

例えば、
就職を有利にしたいのにマイナーな言語を学んでも目的を達成できないし
アプリを作りたいのに
データベース管理システムについて学んでも仕方ありません。

なので、プログラミング言語を学んで何をしたいのかによって
言語を選ぶようにしましょう。

 

就職するためにプログラミングを学ぶ場合

就職のためにプログラミングを学習する場合は
求人需要が大きい言語を学ぶのが一番です。

そういう意味で言うと、Java<PHP≦javascript<Rubyがおすすめです。
特にJavaの求人数は圧倒的なので
就職のためということでしたらおすすめです。

ただ、学習難易度が高いので、Javaを学ぶのであれば
プログラミングスクールに通うようにしましょう。
今はgeek jobのような無料のプログラミングスクールがありますし、
講師も現役のプログラマーなので、効率よく学習できますよ。

また、企業の紹介や就活のサポートもやっていますので
一石二鳥ですね。

geek jobに関しては別のページで詳細を書いているので
参考にしてください。
コチラ:GEEK JOB キャンプ(転職コース)の評判を徹底解説!!就職先情報も!!

フリーランスになるのが目的でプログラミングを学ぶ場合

フリーランスになるためにプログラミングを学ぶ場合も
Javaがおすすめですね。
求人需要も高いですが、フリーランスの案件もJaveが圧倒的に多いからです。

 

フリーランス向けサイトの案件の3割がJave案件というぐらいの
多さです。
ついでPHPも案件が豊富なのでおすすめですね。

 

学習難易度もJavaと比べれば優しいので
プログラミングスクールに通わずに独学でやるんだとしたら
PHPの方が良いかもしれません。

 

ただ、個人的には、
フリーランスになるにしても、一度就職をして
仕事の中でスキルを磨いてからの方が良いと思います。
実務の中の経験値って馬鹿にできないですからね。

何か作りたいモノがあってプログラミングを学ぶ場合

webサービスなり、アプリなり
何か作りたいモノがあってプログラミングを学ぶ場合は
その作りたいモノ次第です。


Android
アプリを作りたいならJavaですし
ECサイトやSNSならPHP
webサービスならRubyといった具合です。

まずプログラミングを学んで自分が何を作りたいのかを
決めるのが先になってきます。

それが決まれば、上に紹介した言語の中から
自分の作りたいモノによって言語を選べばいいですよ。

まとめ

どんなモノが作れて
学習難易度がわかって
就職の向き不向きが分かれば
初心者であってもそこまで苦労せずに
プログラミング言語を選ぶことができると思います。

 

ただ、プログラミング学習には挫折がつきもの。
ぐぐったり、youtubeで学習しても、やっぱりわからないことが出てきてしまって
やる気が萎えてしまうものです。

 

なので、わからないことを誰かに聞ける環境で学習することがすごく大事です。

近くにそういった方がいるのであれば、頼ればいいですし
いないのであれば、無料のプログラミングスクールがありますから
利用するようにしましょう。

就活サポートもセットになりますので、就職をしたい方、
フリーランスになる前に力を付けたい方にとっては一石二鳥ですしね。

 

おすすめの無料プログラミングスクールに関しては
別のページでまとめているのでチェックしてください。
参考:無料のおすすめプログラミングスクール5選!!(就職サポートあり!!)