Fラン 就職

就活に失敗してしまう人の特徴5選!【失敗しやすい人でも内定を貰う方法もご紹介!】

就活に失敗してしまう人の特徴5選!【失敗しやすい人でも内定を貰う方法もご紹介!】

 

 

自分はちゃんと就職できるのだろうか…
なんとか失敗せずにすんなり就活を決めたいなあ…
就活がうまくいかない人の特徴ってどんなものがあるのかなあ…

就活が始めると、ちゃんと希望の就職ができるのか不安になりますよね。
自分は大丈夫なのか心配で、就活に失敗しやすい人の特徴を知りたくもなりますよね。

 

 

結論をだけ先にいってしまうと、就活に失敗しやすい方は以下のような特徴を持っています。

  • 真面目すぎる
  • 行き当たりばったり
  • 緊張しい
  • 暗い
  • 声が小さい

の5つです。

 

 

 

ああ…自分は就活失敗しやすいタイプかも…

大丈夫です。安心してください。特徴がわかっていれば、その特徴を反面教師にして、就活を進めればいいだけです。

  • 真面目すぎる→個性を出す
  • 行き当たりばったり→ある程度準備する
  • 緊張しい→自信満々を装う
  • 暗い→明るく振る舞う
  • 声が小さい→声を大きくする

と言った具合に。

 

 

 

人間そんな簡単に変われないよ…

確かに性格はそんなすぐに変えられませんよね。
なので、仮に就活に失敗しやすい特徴を持つ人でも就活に失敗しないための就活術についてもお伝えしていきますね。

 

 

というわけで、今回は自信が持てず、就活を不安に思っている方に

  • 就活で失敗しやすい方の特徴
  • 就活に失敗しないための就活術

についてご紹介していきますね。

 

 

就活に失敗してしまう人の5つの特徴

「就活が終わらない」を嘆く方必見!3ヶ月以内に絶対に内定がもらえる3つの就活必勝法!こちらにも書いていますが、就活に失敗しやすい人は以下の特徴を持っています。

  • 真面目すぎる
  • 行き当たりばったり
  • 緊張しい
  • 暗い
  • 声が小さい

それぞれ、なぜ就活に失敗しやすくなってしまうのかお伝えしていきますね。

 

 

 

 

真面目すぎる

真面目なのはいいことなんですが、就活では損してしまう特徴ですね。
なぜなら、面接官からすると他の選考者と差別化ができないから。真面目な回答は確かに無難なんですけど、印象には一切残りません。

 

例えばyoutuberでもそうじゃないですか。
無難な動画を配信している人はやっぱり人気が出ませんよね。
単純に興味をそそられないんです。

対して、人気youtuberは人と違う、誰もやっていない企画を配信している。
人と違った目線とか切り口ってそれだけで人を惹きつけるんです。

 

 

僕も今スタートアップで採用担当をやっているんですが、やっぱり真面目すぎる回答をする人は採用しません。あまり興味をそそらず、この人と働きたいなって思わないんですよね。

対して、弊社のビジネスの改善案を考えて来てくれたりする人もいます。
「ココがイケてないんで、僕が入社してこうやって改善します。」みたいな笑
少し生意気ですが、やっぱりこういう人と働きたい。自立しているように感じるし、だからこそ、魅力的です。

 

 

真面目すぎると個性が前に出てきません。そうなると就活では損してしまいますね。

 

 

行き当たりばったり

要は準備不足な方。すぐに行動に移せるという意味では良いことですが、就活では苦戦しやすいです。面接先の企業のことがある程度わかっていないと、適切なアピールができないからです。

 

 

 

気になる人の好みがわからないとどこにデートに誘えばいいのかわからないですよね?
何がほしいのかわからないと何をプレゼントしていいかわからないですよね?
それと一緒です。

 

就活は企業とあなたとの相性で決まります。
準備不足では、適切なアピールができないので相性がいいと思ってもらえません。
なので、行き当たりばったりな方は就活では苦戦しやすいです。

 

 

緊張しい

就活は結局面接のでき次第です。
人は対面での印象の方をより優先して評価するからです。

 

 

マッチングアプリでどれだけ意気投合しても、実際会ってみたら振られるコトがあります笑
逆に、メッセージではそこまで相性良くなかったけど、実際会ってみたらめっちゃ楽しいコトもあります。
そういうことです。

 

 

優秀で、書類も完璧、すごいスキルや資格を持っている、というハイスペでも、面接でコケてしまったら内定をもらうことはできません。
対して、そこまで優秀ではないし、書類選考はギリギリ通過、スキルや資格はなし、という人でも、面接でしっかりアピールできれば、内定をもらえます。

 

 

緊張しいは、その大事な面接で力を発揮することができません。
うまく言葉が出なかったり、思ってもいないことを口にしてしまったりします。
なので、就活ではかなり苦戦してしまいますね。

 

 

暗い

暗い人は就活で苦労するかもしれませんね。
やっぱり印象が良くないからです。

 

もう少し深掘りすると、相手に暗い印象を与えてしまうと、あなたの評価が総合的に下がります。「この人は暗いから、きっと仕事もできないんだろうな」みたいな感じです。
これをハロー効果といいます。
人を評価する時に、ある特徴に引きずられて、その人の総合的な評価をしてしまうんです。

 

 

例えば、学生で書籍を出版している人がいるとします。
「学生で書籍を出版なんて…この人はきっと優秀なんだろうな」と思ってしまいませんか?
でも本来は、書籍を出版しているからといって必ずしも優秀ではないですよね。
ハロー効果で「書籍を出版している」という特徴に引っ張られて、「この人優秀かも」と評価してしまうんです。

 

 

暗い印象を与えてしまうと、ハロー効果であなたの総合的な評価が下がります。
なので、暗い人は就活では損してしまいますね。

 

 

声が小さい

声が小さい人も就活では損をしてしまいます。
自信がないように思われてしまうからです。

 

 

 

 

 

これもハロー効果です。
「声が小さいってコトは自分に自信がないのか、、、仕事ができないんだろうな…」と評価されてしまいます。声の大きさと仕事のできるできないはまるで関係ありませんが、ハロー効果でそう評価されてしまいます。

 

声が小さい方も就活では苦戦するかもしれませんね。

 

 

 

就活に失敗しやすい人の特徴に該当しても大丈夫!失敗しないための就活術!

失敗しやすい人の特徴に結構当てはまってる…
どうしよう、、、就職できないかも…

 

大丈夫です。要は上に挙げた特徴を反面教師にして就活を進めればいいんですから。

  • 真面目すぎる→個性を出す
  • 行き当たりばったり→ある程度準備する
  • 緊張しい→自信満々を装う
  • 暗い→明るく振る舞う
  • 声が小さい→声を大きくする

と言った具合です。

 

 

 

 

 

ただ、真面目すぎる人がいきなり、フランクに個性を出せる性格になるのは難しいですよね。
暗い性格の人が、明るく振る舞うのも大変ですよね。
なので、まずは精神的に余裕を持てる環境づくりが大切です。
精神的な余裕があれば、開き直ることができるからです。

 

 

 

でも、精神的な余裕なんてどうやって作るの?

 

就活における精神的な余裕って要は内定をもらうことですよね?
すでに内定を持っていれば、仮に多くの企業の選考に落ちても、「でも最悪進路はきまってるし♪」と開き直ることができますもんね。
なので、就活を失敗したくない方は、興味がない企業でもいいので、まずは内定を取ってしまいましょう。
精神的な余裕に繋がって、開き直ることができるので就活に失敗しづらくなりますよ。

 

チェック

とりあえずの内定を取るための具体的な方法については以下の記事でご紹介しています。
就活を早く終わらせたい大学生が嫌でも内定を取れちゃう方法!

就活を早く終わらせたい大学生が嫌でも内定を取れちゃう方法!就活を早く終わらせたい大学生が嫌でも内定を取れちゃう方法! 就活の不安から早く解放されたい… 周りが内定もらってから...

 

 

まとめ

就活に失敗しやすい人の特徴は以下の通り。

  • 真面目すぎる
  • 行き当たりばったり
  • 緊張しい
  • 暗い
  • 声が小さい

これらを反面教師にして就活を進めれば間違いなく内定をゲットすることはできますよ。

 

 

でも、いきなり性格を変えるのは難しい。
なので、まずは精神的な余裕を作りましょう。
就活を早く終わらせたい大学生が嫌でも内定を取れちゃう方法!
こちらでとりあえずの内定を取る方法についてご紹介しています。

就活を早く終わらせたい大学生が嫌でも内定を取れちゃう方法!就活を早く終わらせたい大学生が嫌でも内定を取れちゃう方法! 就活の不安から早く解放されたい… 周りが内定もらってから...

 

 

とりあえずでもいいので内定を取ることができれば、精神的に余裕ができて、開き直ることができます。結果就活が失敗しづらくなりますよ。