転職

「次の仕事が決まってないけど辞める」を3回実践してみた結果

「次の仕事が決まってないけど辞める」を3回実践してみた結果

 

 

転職を考えているけど、次の仕事が決まってないから辞めたほうがいいって聞くなあ…
でも、仕事を続けながら転職活動なんて、時間がなくてできないし…
仕事が決まってない状態で仕事を辞めても大丈夫なのかなあ

 

今回は次の仕事が決まっていないけど、仕事を辞めてしまったor辞めようと考えている方
に向けた記事になります。

 

結論

・次の仕事が決まってない状態でもなんとかなります。

今の仕事がつらすぎると、次の仕事が決まっていなくてもさっさと辞めてしまいたい気持ちになりますよね。僕も次の仕事が何も決まっていない状態で、仕事を辞めたことが3回もありますので気持ちはめちゃくちゃ分かります。

同時に辞めた後
「ちゃんと仕事は決まるかなあ」と
不安にもなると思います。

 

でも、結構なんとかなってしまいますよ。
僕が辞めたときは次の仕事が決まっていない状態で

  • 貯金もほぼなし
  • コネなし

で結構ヒヤヒヤものでしたが
1ヶ月以内に転職できましたから。

もちろん、運が良かったのはあると思いますが、
ここに書いている「早く次の仕事を見つける方法」を実践するだけで
あなたも短期間で就職先を見つけることができます。

結論だけ先にいってしまうと、就活のやり方が大切です。
実は就活のやり方さえ間違わなければ、
就活の時間をぐっと短くすることができてしまうんです。

というわけで、今回は
次の仕事が決まっていないけど
仕事を辞めてしまったor辞めようと考えている方に
短期間で就職できる就活法についてお伝えしていきますね。

次の仕事決まってないけど辞める→結構なんとかなります!

全然なんとかなってしまうと思います。
特にあなたが20代~30代前半であれば余裕です。


(30年7月有効求人倍率-厚生労働省)

上のグラフを見ていただければわかりますが
今は基本的に人が不足している時代でして
企業は人の確保にかなり苦戦している状態です。

有効求人倍率1.6倍というのは
求職者1人に対して1.6つの求人があるということなので、
ぶっちゃけ転職の難易度はそれほど難しくありません。

僕の体験談

これまで、3回転職していますが、
次の仕事が決まっている状態で仕事を辞めたのはその中の1回だけです。

なので、2回は仕事が決まっていない状態で辞めているんですが、2回とも1ヶ月以内には転職が決まっていますね。

ちなみに僕のスペックは別に高いわけではありません。

  • 学歴・経歴中の下
  • 資格は運転免許のみ

これで、時間をかけずに転職することができちゃうわけですので
今の時代の人材不足は結構本当なんだと思います。

もちろん、ただ、無策に転職活動をしているわけではなく
短期間で転職を決めるコツ」を意識していました。
詳細は下で解説していますので参考にしてみてください。

30代後半~は勢いで辞めないほうがいいです

20代~30代前半であれば、
転職に必要以上に慎重になる必要はないと思いますが、
30代後半~からは勢いでやめるの控えたほうがいいかもしれません。

実績やスキルがあれば話は別ですが、
そうでない場合は、
年齢がネックになってなかなか採用されづらいからです。

僕は今スタートアップで働いていて、
採用にも関わっているんですが
30代後半~の採用はよっぽど実績・経歴がしっかりしていないと
怖くて採用できません。

というのは、30代後半以上の方は

  • これからの成長の伸びしろは薄い
  • プライドがあるハズでなかなか素直になれない

と見られてしまうからです。

もちろん個人差はあると思います。
40代でもすごいスピードで成長していく方もいるし
素直にいろいろなコトを吸収していく方もいると思います。

ただ、一般論でいえば上記のようなイメージを持ってしまいますので
採用はなかなかハードルが高くなってくるかなあと思います。

じゃあ、ある程度の年齢だったら嫌でも今の仕事を続けるしかなにのか…

転職が絶対できないという意味ではありません。
事実40歳を超えてから転職している人なんてたくさんいますからね。

ただ、20代~30代前半に比べると
かなり就活で苦戦することになりそうなので、
保険のために今の仕事を続けつつ
土日に利用できるDODAのようなエージェントを利用して

転職活動をした方がいい安全ですよ。

次の仕事決まってないけど辞める場合の次の仕事を早く決める方法

結論からいいますと、
同一業種・職種に転職することですね。

このツイートの通りで、同業界同職種であれば転職ではぶっちゃけ苦労しません。

企業からすると、いくら人が不足しているからといえ
一から人を育てるよりは、
ある程度経験値がある人を採用するほうが
時間も人も無駄にしなくて済むから
やっぱり経験者を採用したいんです。

僕の場合も業種は違うこともありましたが
営業→営業に転職してきましたので、
前職の経験値を評価してもらえて
かなりの短期間で転職することができました。

なので、
次の仕事が決まっていない状態で仕事を辞めてしまう場合は
前職と同じ業種もしくは職種を軸に転職活動をすれば
期間をぐっと短くすることができますよ。

また、転職エージェントを利用するのも鉄則です。

  • 自己分析
  • 企業研究
  • 業界研究
  • 書類を書く
  • 面接対策

一人で就活をするとなると
これらをすべて自分ひとりでやることになります。
ただでさえ早く就職を決めたいのに、時間がいくらあっても足りません。

  • 客観的に自己分析をすることができる
  • 企業の情報はかなり詳細まで教えてもらえる
  • 書類添削や面接のコツも教えてもらえる

転職エージェントを利用すれば、
これらをすべてのスピードを早めることができますよ。

転職経験が何度もあってやるべきことを熟知している場合は別ですが
初めての転職ということであれば
必ず転職エージェントを利用するようにしましょう!

20代であれば、
20代の転職相談所」がおすすめです。
20代の転職サポートに特化したエージェント
あなたの転職への不安をしっかり理解した上で転職活動を進めてくれますよ!


無料の相談はこちら↓
20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談

 


ジェイックは既卒・フリーター向けの研修型の就職エージェントでして
就活完全初心者の既卒・フリーター・ニートの方でも
短期間で正社員就職をできるようサポートしてくれています。


公式サイトはこちら↓

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 

どうしても別職種に転職したい場合

でも、今の職種はこりごり…
今の職種ではなく、別の職種に転職したい!

というケースもあると思います。今の職種が徹底的にあなたに合っていない場合ですね。
この場合は人材が不足している職種を狙って転職活動をするようにしましょう。

 

人が不足している職種一覧

  • 営業
  • 販売
  • エンジニア/プログラマー
  • 介護
  • ドライバー(タクシー・長距離)

ex)
営業職→マーケティングはなかなか難易度が高いけど
営業職→エンジニア/プログラマーなら十分転職できます。

どうしても、別職種に転職したいということであれば
狙ってみるといいですよ。

もしくはベンチャーやスタートアップを狙うのもありだと思います。
ベンチャーやスタートアップも
人が足りていないからところがほとんどだからです。

僕は今スタートアップで働いていまして、
かなり楽に転職することができました。

仕事面でいえば
目の前にあることが全てやるべき仕事になりますので、
結構ハードだったりしますが、
オフィスに行くことなくリモートで働くことができたり
働き方の自由度はかなり高いのでストレスなく働くことができますよ。

優良中小やベンチャーの見つけ方ですが、
【ウズキャリ既卒】のような
優良企業しか扱っていない就職エージェントがありますので
積極的に利用していきましょう。

ブラック企業を徹底排除しているのが特徴ですが、他にも
カウンセラー9割のほとんどが実際に既卒就活経験があるので
あなたの気持ちを理解した上で就活を進めてくれますよ!

サイトはこちら↓
【ウズキャリ既卒】